関節炎

変形性関節症のような関節の疾患はシニアに起こりやすい炎症です。関節部の炎症により、いわゆる水がたまったり、痛みを生じたりします。筋力低下や加齢、肥満などにより、少しずつ関節部がすり減って炎症が生じる一次性のものと、リウマチやけがなどによる二次性ものに大別されます。

 加齢などによりに生じた関節炎は、日常生活の中で徐々にできないことが増えていく時に生じる欲求不満やイライラ、そして疲労感の原因にもなります。また、最近耳にする「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」は、関節炎などが原因で運動機能が衰え、要介護度が高くなることが指摘されています。しかし多くの場合、適切にサポートをすることで、十分に活動的な生活を送ることができます。

  • 日本の変形性膝関節症患者は約2530万人
    (吉村典子准教授 東京大学22世紀医療センターによる推計)
  • 変形性膝関節症の他、変形性腰椎症や骨粗しょう症等、高齢者に多い骨や腰の病気はロコモティブシンドロームの原因です。

 米国ライトアットホームでは、特に米国に多い変形性膝関節のご利用者へのケアを数多く提供してきました。日本のライトアットホームでも日常生活のストレスを軽減できる様、下記の様なお手伝いをいたします。

  • 通常の身体介護及び生活支援サービス
  • 食事準備
  • 家事全般
  • 買物
  • 洗濯
  • レクリエーション等の活動支援等

※サービス内容は介護保険を適用するかどうかで異なります。詳しくはサービススタッフまでお問い合わせください。

"米国ライトアットホームの暖かくて親しみやすい雰囲気と、サービスマネージャーの率直で正直な性格に感動しました。ライトアットホームのメンバーは、良いチームであり、家族の様です。 サービスマネージャーは私たちの支えとなり、その経験と知識で励ましてくれます。"

D. アンジェラ(ヘルパー)